安心出来る中絶手術【ココロと身体の不安取り除き隊】

医者

週数により対処が異なる

初期段階での対処

女性

中絶手術は週数がとても重要になります。まず中絶が可能な週数は21週6日までされているのです。22週からは胎児が外の世界でも生存可能な時期になりますから、命を奪うことは出来ません。22週未満ですと胎児は母体の中でしか生存出来ないと言われていることから、22週という区切りになったと言われています。12週までに中絶することを初期中絶とも呼びますが、胎児の大きさが小さいので比較的母体に負担をかけずに手術が可能です。この時期の手術方法は子宮の中に専用の細長い器具、またはハサミのような器具を入れて掻き出すのが一般的です。入院の必要もありませんし、術後はしばらく安静にしておいた方が良いのですが、すぐに普段の生活に戻ることが出来ます。

中期段階の対処

胎児の大きさにもよるのですが、中期段階ですと初期とは異なり胎児もそれなりに大きくなっていますから、初期と同様の方法では中絶手術を行う事が出来ません。では、どのような方法で行うのかと言いますと、出産と同様に下から出します。もちろん、普通にしては陣痛は来ませんから、人工的に陣痛を起こさせるのです。子宮口を広げて陣痛促進剤などを使用して子宮を収縮させて陣痛が起きるのを待ちます。胎児の成長具合によっては出てきてすぐに産声を上げることもあります。しかし、外の世界で長く生きることが出来るくらいに臓器が出来上がっていませんので、しばらくしたら命が尽きてしまうでしょう。宿った命ですから、よく考えてから後悔のないよう決断してください。