安心出来る中絶手術【ココロと身体の不安取り除き隊】

医者

今後も考えましょう

影響が出かねません

女性

中絶には2パターンあります。1つめは12週目未満の妊娠の場合です。吸引もしくは道具で胎児を除去する方法です。母体のダメージも少なく、手術を受けても日帰りで済む場合もあります。 2つめは12週目から21週目未満の場合です。薬で人工的に陣痛を起こさせ、流産させる方法です。こちらの方が母体への負担が大きいため、何日間かの入院が必要となります。また、術後は役所に死産届を提出し、胎児の埋葬の許可をもらう必要があります。 しかし、中絶を行うと、次回妊娠しにくくなったり、出産に影響が出るなど、母体なんらかの悪影響が出るに事態になりかねないのも事実です。なので、家族やパートナーとしっかり相談した上で手術を受けましょう。

配慮やケアに着目です

中絶手術を行なっている医療機関は数多くあります。その中でも、術中の痛みが軽減している努力をしているところ、心身のアフターケアを行っている医療機関は評判となっています。特に中絶は心身のダメージが大きいとされています。また、中絶はプライバシーにもかかわる問題のため、プライバシーに配慮した取り組みもここでは大切な要素であることが言えます。 つまり、この場合決して値段だけで中絶における医療機関選びをしてはいけないことが言えます。今後の将来のことも考えた処置をおこなってくれる医療機関を選んだほうがよいでしょう。そのような優良な医療機関は、インターネットの口コミサイトでも確認することが可能です。