安心出来る中絶手術【ココロと身体の不安取り除き隊】

医者

今後も考えましょう

女性

中絶はその後の母体に不妊等のなんらかの影響が出かねないのも事実です(何週目の手術かにもよります)。また、身体だけでなく、精神的のダメージも大きいのも事実です。そのため、心身のダメージとその後の将来を考慮した施術を行っている医療機関選びが大切となります。

読んでみよう

週数により対処が異なる

女性

事情があって中絶しなければならないこともあるでしょう。その場合は人工的に手術をする必要があります。12週までの初期段階と12週から21週6日までの中期段階では手術の方法が異なってきます。

読んでみよう

手術の方法や手続き

女性

中絶しなくてはならないケースもありますし、自己都合で中絶するケースもあります。赤ちゃんは親を選べないとも言われてますが、軽い気持ちで中絶手術をする方が年々増加している傾向にありますので、出産する気がないのならば妊娠しないようにする心がけも必要です。

読んでみよう

痛みを感じ無い無痛中絶

安心して中絶手術の相談するなら、多くの女性をサポートしてきた、こちらの婦人科がお勧めです!体の負担を軽減できます。

女性にかかる負担を最小限に抑えてくれるクリニックがこちらです。中絶を東京で行なうのであれば、こちらを選びましょう。

中絶の痛みに対する不安

医者

中絶を決意した場合、まず手術に対する恐怖心に襲われます。体験者の殆どは強い痛みがあったと言う意見が多くその痛みの原因は子宮口を人工的に広げる際の痛みと陣痛による痛みです。そして初期中絶、中期中絶と手術内容は全く違うものになり胎児が育っている中期中絶の場合には更に痛みを伴うケースが多くなります。しかし最近では、無痛中絶手術を行う病院が徐々に増えてきています。この手術は、全く痛みを感じる事無く中絶が終了するもので、麻酔の使い方に工夫を取り入れて手術を行うのです。麻酔には点滴や注射を行いますが、その痛みさえ感じる事の無い様に工夫されています。痛みを感じ無いと言う事は、精神的な不安を取り除く事が出来ますし、心に深い傷を残さ無いと言うメリットにも繋がります。

無痛中絶に対する豆知識

無痛中絶手術では、上手く麻酔を使用しますから痛みを全く感じる事は無くなります。点滴や注射を行う際には針を刺す瞬間に痛みを感じますが、その場合にも針を刺す部分の皮膚に麻酔を上手く使用して痛みを取り除きます。そして多くの産婦人科医師は麻酔科の専門医では無い為に中絶手術に強い麻酔を使用しません。しかしこの無痛中絶手術を行う病院では、麻酔の専門医と連携を取り麻酔を積極的に手術に使用する事で痛みを取り除く事に力を入れています。そして中絶手術の後には、子宮が元の大きさに戻る為に後陣痛と言われる強い痛みが発生します。しかしこの場合にもなるべく痛みを取り除く為に鎮痛剤を上手く利用し痛みに対する不安を取り除きます。この手術方法は女性の体だけでは無く心の負担も大きく取り除く事が出来るのです。